整膚って何?

整膚ってどのようなものなの?

お体の表面の皮膚を手指で優しくつまんだり引っ張ったりして柔らかくほぐし、
体内の血・水・気の巡りを良くして気になる症状の改善、また病気予防に効果的な新しい健康メソッドです。
従来からある押したり揉んだりする施術法に比べて筋肉や血管、神経を圧迫しないので揉み返しはなく
お体に優しい、赤ちゃんからご年配の方まで安心して受けて頂ける施術法なんですよ。

整膚の考案者徐堅氏がスポーツトレーナーをしていた折、選手のメンテナンスに、
押していたツボをあるとき引っ張ってみたところ選手の疲労回復、
競技成績が格段に向上した事から皮膚は押すより引っ張る方が効果的との確信を得て
1992年に日本から世界の医学会に向けて発表して以来名古屋を中心に日本国内で普及が進み、
最近では整膚を治療の一環として行う病医院も増えているんです。

皮膚をつまむとどうしていいの?

皮膚をつまむとつまんだ皮膚に血液が流れ込み、
その状態でゆっくり皮膚を戻すと流れ込んだ血液が周囲に押し流されて血流がアップします。

また、皮膚をつまむと脳に心地良い刺激が伝わります。
これが心身の働きをリラックスさせる副交感神経の働きを優位にし血管が広がるため更に血流がアップします。
最近の研究で整膚施術後は、幸せホルモンのセロトニンが増える事がわかってきました。
セロトニンが増えると気分が明るくスッキリしたり仕事の効率がアップしたり物忘れが改善したりやる気が出たり
不眠が解消したり認知症予防にもなるといわれています。

整膚で血・水・気の巡りが良くなると疲労物質が押し流され、
コリやむくみ疲れを取り自律神経のバランスが整い内臓機能や、
免疫力も高まるのでお困りの症状が改善される上にお体の内側から健康になっていきます。

整膚の効能

実は、皮膚って人間の体の中で最大の臓器なんですね。成人で、約畳1畳分もの面積を持っているんです。

そして、皮膚自体が情報処理の役目を担っていて正確な知覚判断をしているんです。
その皮膚に、整膚で心地良い刺激を与えると物理的にも血流がアップし、また血管に沿って走っている自律神経にもいい影響を与えるんです。
自律神経は血流をコントロールしています。

血流が良くなると、「血液の質」も良くなり私たちの体を構成している約60兆個もの細胞の隅々にまで十分な栄養や酸素が届けられるので、
細胞の機能がアップ、血流が免疫細胞を運んでいるので免疫力アップ、自然治癒力もアップし、細胞の老廃物の排泄もスムーズになってむくみが取れ
体調も良くなるんです。

血流は、細胞にとってまさにライフラインなんですね。血流がスムーズに流れれば、体の機能はすべてうまくいくんです。
血流って、普段皆様が思っている以上にとっても大切なんですね。

整膚で血流を良くし、自律神経のバランスが整うと
肩こり・首こり・腰痛・膝痛・頭痛・目の疲れ・疲労・不眠・五十肩・しびれ・神経痛・リウマチ・手足のむくみ・足がつる・美肌・高血圧などの症状の
改善が期待出来るんですよ。

また、幸せホルモンのセロトニンの分泌が促進されるので癒しにもとても効果的なんですよ。

サービス内容はこちら